クレカを色で選んでしまう

2016/07/28



債務整理の証明発行の手続きと弁護士への相談

モビットという会社が提供している商品には、たまにスマートという名称が関わってくる事があります。なぜなら一部の金融関連の会社では、敢えて商品名を変更しているからです。色々と業務提携などの問題があって、モビットからスマートという名前に変えている事例も、たまに見られます。

ところでそのような金融会社から借りている方々は、たまに債務整理の手続きを行っています。いわゆる返済などに関する不都合があって、敢えて弁護士に相談をしている方も見られるのですね。そして借金の減額手続きに成功している事例も見られます。

その場合、その事実を客観的に証明したいと思う事があるのです。いわゆる完済した事実を証明したいと思うケースも見られますが、その場合には所定の書面が必要になります。完済証明書などを発行してもらう事は、可能なのですね。

ただその手続きは、少々ややこしい一面もあります。やや複雑な手続きが必要になる事も多いので、基本的には弁護士に相談をすると、発行もスムーズになるでしょう。


カードローンの審査で誰も語らないこと

お金を借りることは簡単になりました。もちろん安定した収入と仕事を持っているということが前提になるのですが、そこさえクリアできてしまえば、最近は本当に簡単にお金を借りることができるのです。しかし、それによって色々と課題というものも出てきています。代表的なのが多重債務問題です。お金を借りることが簡単になったことで、借金に歯止めがかからずに苦しい思いをしている場合です。

こうした課題もあるのですが、それはとても便利になったことを象徴するものですから、多くの人は有り難いと思っているものです。さて、それがどういった変化というものをもたらしたかというと、カードローンです。これの審査がとても簡単になったということで、即日に融資を行うことができるというのが、誰も語らない裏側ということになります。

しかしカードローンの審査がここまで簡単になったのは、ハイテクのおかげだということを、何故誰も語らないんでしょうか。これには色々と取引などがあり、詳しいことはわかってはいなのですが、どうやら企業秘密の部分にあたるようです。どういったシステムで顧客情報を登録して参照しているのかなどは、個人情報になるので秘密にされているわけです。"


新しい車を買うために自動車ローンを組みました

私は長い間乗っていた車を持っていて愛着があったのですが、壊れしまったので買い替える事にしました。それで新しい車を買う計画を立てて、どの車を買うか決めました。私が買おうとしていたのはちょっと型が古くなっていたもので、新車でしたがかなり安くなっているものでした。車を買うためには自動車ローンを組む必要がありますが、どこでローンを組むべきか悩みました。普通に考えればディーラーのローンを組むべきですけど、銀行などでローンを組んだほうが金利が安いのではと思いました。

どちらにしようかと考えたのですが、後々の付き合いを考えてディーラーのローンにしました。ディーラーで自動車ローンを組む時は審査がありました。といってもそれほど厳密なものではなく、こちらが購入できることは知っていたので簡単に通りました。審査を受けるときに気をつけてくれと言われたのは、金融機関からの借り入れとクレジットカードでした。金融機関から借り入れがあると審査で落ちやすく、またカードを持っていると使っていなくてもだめになりやすと説明を受けていました。

ただ特に借金をしておらずカードも一枚しか持っていなかったので、審査の障害になることはなかったです。審査そのものは一週間ほどで終わり、送られてきた結果を見ると通っていました。その書類には月々の支払額などが書かれていましたが、払える額だったので問題なさそうでした。今はその新しい車に乗っていますけど、ローンの負担もそう大きくはないので快適に過ごしています。

自動車ローンと言う目的ローン

自動車ローンと言うものがあります。これは目的ローンです。目的ローンとはそのものを購入することを条件にお金を貸してくれる制度のことです。つまり、自動車ローンの場合は自動車を購入することが条件であるわけです。目的ローンの反対にフリーローンと言うものがあります。フリーローンとは特に使い道が限定されないローンのことをいいます。つまり、好きなように使ってよいです。しかし、その反面、金利が少々高めに設定してあります。ですから、車を購入するのであれば、自動車ローンにすることがお勧めです。そちらのほうが金利が安いのです。言うまでもなく、出来るだけ金利が安いところから借りることが重要なのです。これは大事なことてす。

目的ローンでは、そのことに使う為の証明をする必要があります。つまり、車を購入する場合は納品書とか見積書とかを提出することになります。これはどんな金融機関にも言えることですから、よく覚悟しておくことです。言うまでもありませんが、金融機関によって金利は違います。金利の上限は決まっていますが、それ以外は自由に決めることが出来ます。ですから、金融機関によって色々と特色が出ているわけです。例えば、国産車の場合のみ金利を優遇とか預金が何百万円以上ある場合は、金利を優遇するとかそうしたサービスを提供しているところもあります。よくよく調べてできるだけ良い条件で貸してくれるところを見つけることが、重要なのです。